×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


中国株と『ビックマック指数』

経済誌「エコノミスト」によると、アメリカの平均価格3.10ドル(約350円)の対して、 中国は10.5元(1.31ドル)。
これをビッグマック価格で比較すると、米ドルと人民元の交換レートは1ドル=3.39元。
これは実際の人民元の対ドル相場が1ドル=8.03元なので、約58%過小評価されていることになります。
「エコノミスト」はこれに対し、ビッグマック指数は長期的な為替レートを示すもので、人民元が不当に低く抑えられていることにはならないとしています。 なので、アメリカの政治家がビッグマック指数を人民元切り上げ要求の材料とすることは悪用であると指摘しています。
※ビッグマック指数(Big Mac index)とは!
各国の経済力や購買力を測るための指数です。
世界中のマクドナルドで販売されているビッグマック1個の価格を例に生活実感に近い各国の購買力を比較します。
イギリスの経済専門誌『エコノミスト』(The Economist)によって考案されました。
ビッグマックはほぼ全世界で同一品質のものが販売され、原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、さまざまな要因を元に単価が決定されるため、総合的な購買力の比較に使いやすいことでよく引き合いに出されます。
現在、エコノミスト誌はビッグマック指数のほか、スターバックス指数やコカコーラマップなどの指数も発表しています。
例えば、 日本でビッグマックが250円、 アメリカで2ドルの時、250/2=125となり、 1ドル=125円 がビッグマック指数となるわけです。
もしこの時点で、為替レートが1ドル110円だとすると、為替相場はビッグマック指数に比べて円高であり、この後、125円に向けて円安が進む、という推定をすることができるのです。

スポンサードリンク

月面着陸など、中国の中期宇宙計画とは!

中国の国防科学技術工業委員会は、第11次5カ年計画(2006―10年)での宇宙科学発展計画を発表。 2012年ごろの月面着陸などを柱とし、今後15年以内に中国の宇宙科学は世界最先端の水準に到達可能だとしています。
中国が月探査に積極的なのはウランなどの資源確保が目的とみられ、計画は、宇宙科学の発展が「国家戦略上必要な重要問題の解決」につながると強調。宇宙科学の中期的な計画を示すのは初めてということです。
月探査では、07年中に月を周回し、撮影した表面の画像から土壌などを分析。12年前後に月面着陸を実現し、17年前後には月面の土などを地球へ持ち帰る計画だということです。
すでに2回成功している有人飛行関連では、飛行士の船外活動やドッキング技術で大きな進展を図るほか、長期に軌道上を飛行する宇宙実験室も開発。
宇宙観測用に各国が開発を競う硬エックス線望遠鏡の自主開発や、帰還式実験衛星「実践10号」を09年に打ち上げる目標あるようです。

中国EU商会、在中国米国商工会議所(中国米国商会)、日本貿易振興機構(ジェトロ)などの機関が行った調査によると、多くの投資家は企業横断的な比較を行った上で、中国は最も魅力的な投資先であり、中国市場は最も重要な新興市場であり、中国での企業の収益率は高いとの結論に達したのだということです。EU企業の 73%が対中投資の長期的発展を楽観視しており、中国進出を果たす企業も増えています。また米国企業の90%が対中投資拡大の意向を示し、日本企業で中国から他国・他地域への転出を考えているところはわずか0.3%という結果が出ています。

中国株の魅力

中国政府が金融引き締め政策を行わなければならないほど中国の経済成長は猛スピードで進んでいます。 中国国内に起こっている消費ブームはこの政策をもってしてもおさまることはないでしょう。
マイカーをはじめ、家、嗜好品や家電、レジャーなどのいったん火のついた中国の消費ブームは様々な業界に影響していきます。 東京オリンピック前後に日本が経験したことが今まさに中国に起ころうとしているわけです。 こうした圧倒的な時代の流れの中での中国株投資の魅力とは何なのでしょうか?
私たち日本人の中では中国といえばまだ先進国には程遠いイメージがあるかもしれません。 しかし、「世界の工場」として、莫大な貿易黒字と生産力は世界でもトップレベル。 中国株投資という視点から見る場合は、今、中国でなにが起こっているのかをよく見ることが大切になってきます。 中国の人々が豊かになっていく過程では今後も様々な問題を乗り越えていかなければならないでしょう。
かつての日本を思い起こせばそれは容易に予想できます。
例えば、国有株の放出、為替の自由化、人民元の切り上げや外国資本に対する国内市場の開放による外資系企業との熾烈な競争など。
こういったことが株価にも大きく影響を与えることは間違いありません。 良くも悪くもですね。 成長期の中国においてはどの分野が伸びるのか、それは長期的か、短期的か、より確実なのはどの業界か、などを情報を元に見ていくことが出来れば大きなチャンスは必ずあると考えていいのではないでしょうか。
当然中国に対する世界の見方には楽観的、悲観的の2つの立場があります。 社会主義の体質をのこした中国においては政治的には異質。 13億人というあまりに多すぎる人口を抱え、インヘレや資源不足を懸念する投資家もいます。
一方、中国の急成長といえども世界経済に与える影響はさほどではないという見方も出ます。 本当の中国は一体どちらなのか。今後も中国株から目が離せません。
中国株投資は「配当」が魅力のひとつ!
中国株では倒産の危険性がない限り、配当を毎年株主に還元している実績のある企業であれば投資する価値判断として○であるという見方が出来ます。 長期投資という観点から配当を目当てにゆっくり企業の成長をみるのも1つの方法。 少なくとも年3〜5%(高いところでは6%以上!)という配当率からみても、 日本の0.01%の金利で銀行に預けるよりははるかにマシですね。 大化けする可能性もあるわけですから楽しい。 初心者の方が初めて中国株に投資するなら配当の高い銘柄を選んで乱高下はあるでしょうけど企業の成長を見守るという投資法で始められてもいいかもしれません。

「中国株は今後10年安泰」ウォーレン・バフェットの発言

アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏はこのほどインタビュー(2008年末)で、

「中国市場は向こう10年間は世界のトップに君臨するだろう」

と語り、中国の投資家たちを大いに喜ばせました。
インタビューは、世界的な大会であるMPW summit(商業女性大会)期間中に行われたもの。
内容はウォーレン・バフェット氏の米国の金融市場への見解や、優良株の選定基準など他分野に及び、また、中国市場についても「新興市場だけに経済の移り変わりも速く、何が経済の転機になるかは読みにくい」とする一方で、「向こう10年間は世界のトップに君臨する」と中国市場への明るい見通しを語り、投資家たちの期待をさらに高めたということです。   
バフェット氏は2008年9月に比亜迪股フェン有限公司(BYD)の株式の約10%を18億香港ドル(約233億円)で買い入れています。中国では多くの人がウォーレンバフェット氏の中国市場への影響力を重視しており、今回の発言を好意的に受け取っているという、ということです。

中国株の銘柄選びのヒント!

当然ですが銘柄を選ぶ時はその会社の事業内容と財務内容を調べます。 以外に数字だけを判断材料にしている投資家が多いと言われています。 例えば「○○汽車」という銘柄。 「汽車」だから日本人なら鉄道関係かな?と考えますが中国では汽車とは自動車会社を意味します。 また、よくみるのが「公司」。これは単に「会社」という意味。 めぼしい銘柄を見つけたら公式サイトなどをチェックして、PER、PBR、ROE、ROA(参照) も調べておきましょう。 ちょっとだけ難しいお話になりますが、狙った銘柄の買い時はどんな時なのかを考えてみましょう。 結論から言うと上昇トレンド(トレンドとは株価が動く方向)にある銘柄が一時的に下がった時がズバリ買い時です。 そしてこのトレンドをどのくらいのスパンでみればよいか、ですが、初心者の方なら最低でも数ヶ月以上の中長期で見るのがいいと思います。 (短期決戦型のデイトレーダーやプロの投資家ならこれは数分とか1時間という単位になります。) 成長途上にある中国の企業に投資するなら長くなると10年、15年といった長い保有もありうるわけです。 この上昇トレンドかどうかの判断には「テクニカル分析」が便利です。 テクニカル分析とは、過去の株価、時間、出来高などから未来のトレンドを予測する方法です。 証券会社や各情報サイトに用意されていることもありますので参考にしてみてください。

中国株の新規公開株IPOについて

中国政府は現在の国営企業をひとつずつ香港市場に上場させてインフラ整備のための資金調達を上手く行っています。 ご存知の通り、香港市場は株式市場としてイギリス統治時代から歴史は古く、上場審査も国際的な基準に達していることから世界中の投資家が安心して投資できる市場です。 中国はこの香港市場を有効に活用することで資金を調達するしくみを上手く作り上げたわけです。 その他の中国株式市場には深セン市場、上海市場がありますが、私たち外国人から一番注目されているのが香港市場なのです。 とりわけ香港H株。中国大陸に拠点を持っています。 大陸の企業が上場している市場には他に、レッドチップやGEMの一部にもありますが、今中国の株式市場において要注目なのが、新規に上場されそうな企業が沢山あるということ。 かつての日本で国鉄がJRに、電信電話公社がNTTとして上場を果たしたように、中国でも優良企業が今後上場していくと思われます。

中国株で儲ける方法とは!

中国株で儲けるには大きく3つの方法があります。
@株の売買益で儲ける
A高配当で儲ける
B為替差益で儲ける
です。 基本はもちろん@の株の売買益で儲ける方法が挙げられますが、 この背景には、中国経済の発展、インフラ整備真っ最中である、13億人の市場規模などがあります。
この結果、儲かる企業が多数あるという事実。間違いなく近い将来に中国に起こることです。
こういった企業の株を安いうちに買って、高くなったら売る、 これが中国株で儲ける基本となります。
また、中国の企業は株主を大切にする体質があり、その企業が高収益を上げていれば、株の配当にも大きく影響してきます。
さらに、中国株においては、株式分割が頻繁に行われることが特徴のひとつになっています。
1対2の株式分割が行われた場合、500株持っていれば一気に1000株の株主となるわけです。 株価自体は当然半額になりますが、通常、元の株価に戻るケースが多いのです。 これにより、資産は一気に倍になってしまうわけです。 また、人民元の切り上げが行われれば、H株やレッドチップは香港ドル建てですが、為替差益に反映されます。 近い将来の人民元切り上げに期待して中国株に投資すれば為替差益で利益を得ることも可能になります。

スポンサードリンク



中国株投資情報@メニュー


株式・FX投資情報

配当とは、株式会社が決算期において、株主に対して利益の分配を行うこと。 現金で分配する現金分配のほかに、無償で株式を増資する株式分割などもこの配当に含まれます。 ちなみに「配当利回り」とは、年間の予想配当金を現在の株価で割った値。 現在の株価を基準に、年何%で運用できたかを示します。中国株においては5〜6%と非常に高い銘柄もあリます。 ほんのわずかな金利で日本の銀行に預けておくよりも中国株に投資したほうがはるかに高い配当を得ることができるわけです。 毎年きちんと株主に対して配当を出している企業を選んで投資していけば、ある程度は成功できる可能性が高いといえるのではないでしょうか。 高配当を出す企業は鉄鋼や電力、ガラスや自動車関連企業が多く、ここにもインフラ整備が反映されています。

株投資をする際の最低限の知識として以下の4つを覚えてください。
★株価収益率(PER) 株価収益率=株価÷1株あたりの利益
1株あたり利益の何倍まで株価が買われているかをあらわすもので数値が低いほど割安であると判断できます。 高いほど利益に比べて株価が割高であるということ。

★株価純資産倍率(PBR) 株価純資産倍率=株価÷1株あたりの株主資本
もし会社が解散した場合の残る資産価値は1株あたりどのくらいかを示すもので、1倍なら株価と会社の資産が同じ、1倍割れで割安と判断します。

★株主資本利益率(ROE) 株主資本利益率=1株あたりの利益÷1株あたりの純資産
株主の資本を使ってその年にどのくらい利益を上げたかを示すもので、数値が高いほど効率が良いと判断できます。

★(純利益と資本の比率) 総資産利益率(ROA) 総資産利益率=当期利益÷純資産
総資産をどのくらい効率的に利益につなげているかをあらわすもので、数値が高いほど効率が良いことになります。
これらの指標がよければいよいよ実際に株を買うわけですが、いきなり高額を投じるのではなく、少額からはじめてご自分の株価や会社の読みが正しかったかどうか、また、中国株独特の値動きのクセなどに対する対応方法をしっかりと身に付ける必要があります。

◆中国株を買う
チョット前、1株4ドルくらいだった鋼板メーカーの大手、「本鋼板材」が2・5ドルまで下がったことがありました。 短期的に利益を出そうとするデイトレーダーやプロの投資家なら相当あせる局面です。 しかし私たちアマチュアはこんな時がチャンス。大手メーカー(将来性があると判断できる)の株が下がったところで買って、長期的に保有しておく。大体株価が戻ったところで売る。この小さな儲けを増やしていく。 負担にならない投資方法です。 下がったところで2000株買っても5000ドルです。(約7万円) つまり何が言いたいのかというと、割安な銘柄を探して買うことが鉄則であるということです。 いわゆる「バリュー株投資」。 株価収益率(PER)(株価÷予想純利益)で割安な銘柄を探すことが出来ます。 これは情報サイトなどにも必ず出ている数字ですので、見てみてください。 同業他社や過去の水準から判断し、高いほど割高で適正数値は20倍〜30倍程度。 できれば10倍以下のものを探し出したいところです。 電力不足の緩和に励んでいる中国。電力関連銘柄の比較的多く見られるかもしれません。 、 中国株は夏に天井をつけて、冬に底をつく!? これは、中国株の一定のパターンとしてよく知られています。 決算期を境に乱高下、また、中国には借金などをきれいにして正月(旧正月)を迎えるという習慣があるそうです。返済のために(冬場になると)株を売る。 そして春になり各企業から本決算が発表されると業績のいい会社の株に一斉に買いが入る。 実は四半期決算も行われているため、これから本決算の内容を予測して株価が下がった冬に買うという方法があります。

米著名投資家のジム・ロジャーズ氏は、「中国株は安値で取引されている」との考えを改めて示しています。ジム・ロジャーズ氏も「現在が、底値であるかどうかは、分からない」。しかし、「安い」と判断したため、H株、B株、中国企業がシンガポールで上場したS株を買い進めたということです。

◆中国株を売る
中国株は値動きが激しいのが特徴。 中長期保有が基本とはいえ、狙った金額まで上がったらすばやく売り注文を出すのも方法のひとつ。 中国株の取引には国内の証券会社と現地の証券会社の両方に売買手数料がかかるため、配当金狙いで長期保有もオススメですが、ここでは実際に中国株を売る方法についてご紹介します。(松井証券などネット専業証券では売買手数料が無料のところもあります)